第4回(2021年度)


第4回(2021年度)「医療経営に関する研究助成」案件募集について

(1)懸賞論文「日本医療経営実践賞」

※研究成果については、論文のほか、事例研究レポート等を含め、形式を問わず優れた内容のものを選考する

(2)指定課題研究

①「ポストコロナ時代の医療経営」

②「医療経営におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)」

③「医師・看護師等の働き方改革」

※医療機関外からの応募も可とする
※①~③いずれか1つの課題を選択。複数選択による同時応募は不可

 

 2018年度より、一般社団法人日本医療経営実践協会(以下、本協会)が研究費の助成を行う「医療経営に関する研究助成」事業がスタートしました。

 「医療経営に関する研究助成」事業は、さらなる研究活動の発展および地域医療や医療政策への積極的な関わりを推進し、その研究内容を医療界・地域社会に還元することを目的としています。

 第4回となる2021年度の「医療経営に関する研究助成」における懸賞論文「日本医療経営実践賞」および指定課題研究のテーマは、冒頭掲題のとおりです。懸賞論文「日本医療経営実践賞」については、論文形式にこだわらず、事例研究のレポート等も含め、優秀な研究成果について表彰の対象とします。

 助成の対象者は、医療経営士を中心に、医療経営に携わる個人・グループで、医療現場で活躍されている方からの申請を優先します。

 研究助成の総額(上限)は懸賞論文および指定課題研究を合わせて1,000万円。応募論文等と指定課題研究の申請内容を有識者による選考委員会において審査し、優秀論文等には「日本医療経営実践賞」と100万円を授与し、2021年中の本協会指定の期間において、WEBによる受賞講演を行っていただきます。指定課題研究の採択分には1件当たり50~250万円を配付いたします。採択された研究については原則1年間を研究期間とし、本協会指定の期間においてWEBによる2021年中の中間報告と、2022年中の最終報告を兼ねた発表が義務づけられています。

 公募期間はそれぞれ下記となります。

(1)懸賞論文:2021年2月1日(月)~5月11日(火) ※当日消印有効
(2)指定課題研究:2021年2月1日(月)~3月31日(水)

 申請方法等の具体的な手続きを含む「応募要項」の詳細は、本協会ホームページでご確認のうえ奮ってご応募ください。

指定課題研究および懸賞論文の応募要項は以下参照のこと。


●指定課題研究 応募要項(PDF)はこちらから
●懸賞論文 応募要項(PDF)はこちらから

 

申請手続きは以下の手順で行うこと。

本協会ホームページ(http://www.jmmpa.jp/)から所定の申請書をダウンロードして申請書記入要領に従い必要事項を記入すること。
申請書は下記リンク先URLの「医療経営に関する研究助成」(指定課題研究)申請書送付フォーマットより申請者の情報を入力し、PDF化した申請書をアップロードし事務局まで申請すること。

リンク先URL https://www.jmmpa.jp/fm/form.php?mode=research

※第1回(2018年度)~第3回(2020年度)における「医療経営に関する研究助成」案件募集および第1回(2018年度)~第2回(2019年度)の指定課題部門の最終報告については、本協会ホームページ「研究助成」および「研究助成アーカイブ」をご覧ください。

 

 【お問い合わせ先】

 一般社団法人日本医療経営実践協会「研究助成事務局」宛

 〒104-0032 東京都中央区八丁堀 3-20-5 S-GATE八丁堀 9

 Tel03-3553-2906 Fax03-3553-2907 E-mailmms_grant@jmmpa.jp

 

▲ ページTOPへ