「医療経営指導士」制度について

(1)資格要件

「医療経営指導士」の資格が付与される対象者は以下のとおりとする。

① 一般社団法人日本医療経営実践協会(以下、本協会)に「医療経営士」として登録し、現在会員である者(個人、法人いずれも可)。

②「医療経営士1級」資格認定者(「医療経営士1級」の認定を受けていない合格者は、1級への等級変更手続きを行い、新たに「医療経営士1級」資格認定者となることが必要)。

③上記①②の条件を満たし、あらかじめ本協会に「医療経営指導士」名称使用の登録を行っている者。

(2)「医療経営指導士」の名称使用に際して

①(1)の③における名称使用の登録には登録料として1万5,000円(税込)を必要とし、登録の有効期間は、本協会の受領確認の通知日より1年間とする。登録料は、認定証の発行、認定講師としての紹介等の諸費用に当てられる。

②なお、「医療経営指導士」の名称を使用し実際に事業活動を行うに際しては、1事業ごとに使用許諾の申請を行い、本協会より使用許可を得る必要がある。申請の事業内容によっては、名称使用の許可を与えられない場合もある。

(3)「医療経営指導士」の職務およびメリット

・「医療経営指導士」として、医療経営士の名称を使用し、本協会公認による試験対策講座等の医療経営士関連講座(例:「医療経営士3級」試験対策講座)を主催(開設および運営)することができる。また、「医療経営指導士」の名称を使用し、本協会支部で開催される研究会・勉強会等(支部活動)における講師、その他医療経営士事業普及のための講演活動等を行うことができる。

・上記事業に伴う収益は、すべて「医療経営指導士」本人に帰属するものとする。

・本協会のホームページや会報紙誌(『MMSニュース』『理論と実践』)を中心とした案内物等にて、「医療経営指導士」として氏名、顔写真、プロフィール、主な講演テーマ等の紹介を行う。また、「医療経営指導士」自身のホームページやブログその他から本協会ホームページへの相互リンクを認める。

・本協会が病院・企業から研修等の講師派遣の依頼を受けた際に、「医療経営指導士」として優先的に紹介を行う。

※ただし、いずれも登録有効期間中に限る。


【「医療経営指導士」名称使用における流れ】

(1)「医療経営指導士」名称使用登録申請

(申請書受領後にご入金口座ほかご案内します)

登録料振込:1万5,000円(税込)

 

*認定証発行

交付日 :登録申請書受領日より翌々月1日付け

有効期間:交付日より1年間

 

*有効期間(1年間)

・本協会のホームページや会報紙誌を中心とした案内物等にて、「医療経営指導士」として氏名、顔写真、プロフィール、主な講演テーマ等の紹介を行う。本協会ホームページへの相互リンクを許可する。

・本協会が病院・企業から研修等の講師派遣の依頼を受けた際に、「医療経営指導士」として優先的に紹介を行う。

 

●「医療経営指導士」名称使用登録申請書(PDF)はこちらから

(2)「医療経営指導士」主催事業開催申請

*1事業ごとに要申請

・本協会公認による試験対策講座等の医療経営士関連講座(例:「医療経営士3級」試験対策講座)の主催(開設および運営)。その他、「医療経営指導士」の名称を使用しての活動。

※本協会支部で開催される研究会・勉強会等(支部活動)における講師、その他医療経営士事業普及のための講演活動等については、申請を不要とする。

 

●「医療経営指導士」主催事業開催申請書(WORD)はこちらから

 

【お問い合わせ先】

  一般社団法人日本医療経営実践協会 事務局

  〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町4-14 神田平成ビル7F

  電話:03-5296-1933 FAX:03-5296-1934 E-mail: info@jmmpa.jp

▲ ページTOPへ